香川県空手道連盟

香川県空手道連盟

2017/6/18 21:46PM
Category: NEWS 大会要項

四国地区少女空手道選手権大会・四国地区中学生空手道選手権大会要項

28年度四国少年少女、中学大会要項

 

 

上記にファイルをアップします。

第7回四国地区中学生空手道選手権大会開催要項

第4回四国地区少年少女空手道選手権大会開催要項

 

1.名  称  第7回四国地区中学生空手道選手権大会

第4回四国地区少年少女空手道選手権大会

2.主  催 (公財)全日本空手道連盟 四国地区協議会

 

3.主  管  愛媛県空手道連盟

4.後  援  (公財)全日本空手道連盟

(公財)愛媛県体育協会     香川県空手道連盟 徳島県空手道連盟 高知県空手道連盟

5.開催日時    平成29年 7月17日(月曜日 祝日)

6.場  所

伊予三島運動公園体育館  四国中央市中之庄町1665番地1  TEL:0896-28-6071

7.競技種目

(1)形 競 技  (男子及び女子の部)

①        小学1年生                                                            各県4名

②        小学2年生                                                            各県4名

③        小学3年生                                                            各県4名

④        小学4年生                                                            各県4名

⑤        小学5年生                                                            各県4名

⑥        小学6年生                                                            各県4名

⑦        中学生                                                                   各県8名

⑧  中学生団体戦(学校単位または県単位)      各県2チーム

 

(2)組手競技 (男子及び女子の部)

①        小学1年生                                                            各県4名

②        小学2年生                                                            各県4名

③        小学3年生                                                            各県4名

④        小学4年生                                                            各県4名

⑤        小学5年生                                                            各県4名

⑥        小学6年生                                                            各県4名

⑦        中学生                                                                   各県8名

⑧  中学生団体戦(学校単位または県単位)

各県2チーム  選手、チームは、小学生.中学生とも、形競技、組手競技の両方に出場できるものとする。

8.競技規定  (公財)全日本空手道連盟競技規定に準じて行う。

9.競技方法

(1)形競技は、トーナメント方式とする。 競技は、2名同時に行うが、決勝戦のみ、1名ずつ演武する。

・小学生の部は、準々決勝までの試合を平安又はピンアン初~五段,撃砕1,2から選ぶものとし、同じ形を連続して演武してもよい。準決勝・決勝戦は全空連第1指定形・第2指定形及びそれまでに演武していない平安又はピンアン初~五段,撃砕1,2から選び、同じ形を連続して演武してもよい。

・中学生の部は、個人戦については、1.2回戦を第1指定形、3回戦を第2指定形、準決勝戦以降は自由形とし繰り返してよいものとする。ただし、3回戦まで以外の形を演武すること。団体戦については、1回戦を第1指定形、2回戦(準決勝戦)を第2指定形とし、決勝戦は指定形および得意形とするが、1.2回戦まで以外の形を演武すること。(指定形、得意形はJKF競技規定形リストから選択すること)

 

(2)組手競技は,トーナメント方式とする。

試合時間は、小学生・中学生の部とも、1分30秒フルタイムとする。

勝敗は、小学生・中学生とも競技時間内に6ポイント差が生じた場合、および反則・棄権・失格が出た場合、または競技終了時に得点の多い選手を勝ちとする。

得点が同点の場合は、判定により勝敗を決定する。

中学生団体組手チームは、2名でも出場可とし、その場合、先詰めとする。

組手団体戦は、初戦においてのみ勝敗が決まっても大将戦まで行う。

※全ての競技種目について、三位決定戦は行わない。

 

10.安全具

(1)男子は,ニューメンホーⅤ.Ⅵ・拳サポーター・ボディプロテクター・シンガード・インステップガード・ファールカップを着用。

ただし、小学生1.2年生男子に関しては、ファールカップの着用を任意とする。

(2)女子は,ニューメンホーⅤ.Ⅵ・拳サポーター・ボディプロテクター・シンガード・インステップガードを着用。

(3)小学生は、小学生用リバーシブル拳サポーターを使用する。中学生は、赤・青拳サポーターを使用する。 注意 安全具は全空連または高体連検定のものに限る。

※競技には、自前帯(赤・青帯)を持参着用とする。

11. 監督について

監督については、各県小学生監督2名、中学生監督2名の計4名までを認める。(兼任可)

中学生団体競技についても、上記4名の監督が務める。別枠での監督は認めない。

 

12.進行予定  役員・審判員・競技委員集合    8時00分

審判員会議             8時30分

開 会 式            9時00分

競 技 開 始                 9時15分

競 技 終 了                     16時30分

閉 会 終 了                     17時00分

13.その他

選手は、左胸に県名をつけることとする。

審判員  各県12名の派遣をお願いします。

以上.

NEWS/
  • 佐野 より:

    あと10日ですが、組み合わせも発表されてないし、なんの情報も出てませんが・・みなさん待ってますよ。

    • 広報部 広報部 より:

      大変失礼しました。
      今後共、宜しくお願い致します。
      宜しければ、お問合せの方からお問合せ頂けたら幸いです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です